« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月24日 (木)

ホンダに続き、ヤマハが新車保証期間を2年に延長

ヤマハがバイクの新車販売に対し、これまで1年だった保証期間を2年に延長することを発表した。

新保証制度の適用は4月1日から。マグザム、グランドマジェスティ400等の新車を購入予定の方は4月1日を待って購入した方が安心感が高いかもしれない。マイナーチェンジを繰り返して品質の安定している既存車種に比べ、新型車は部品の品質にバラつきのある可能性があるし、距離を重ねるうちに特徴的なマイナートラブルが表に出てくるかもしれない。3月は決算期でもあるから、予想外の値引きを提示してもらえる可能性もあるけれど、保証期間が倍に延びることによる恩恵も意外に高いと思う。
http://www.yamaha-motor.co.jp/news/2005/03/22/mc.html

国内ではすでにホンダが2月1日から保証期間を2年に延長している(http://www.honda.co.jp/news/2005/c050117.html)が、今回のヤマハはそれに続くもの。
スズキとカワサキも検討しているようなので、早晩、発表されることになるだろうが、しかし各社とも保証期間が倍に延びることによる負担増はかなり厳しいものがあるのではないだろうか? 
むろん、先陣を切って保証期間延長を決めたホンダなどは品質管理に対する自信の裏付けがあっての発表だっただろうが、今回のヤマハ、検討中のスズキやカワサキは大丈夫なのだろうか? 前提として保証期間とは無料修理期間ではなく、故障しない期間であるはずだ。まぁ、もちろん発表するからには大丈夫なんだろうけど、メーカーはこれまで以上に厳密な品質管理を自らに課すことになる。
しかしバイクメーカーの争いも新車開発だけでなく、アフターサービスの部分にまで広がってきて、ますます熾烈だ。
奇しくも現在僕が所有しているバイクはカワサキとスズキ。がんばって欲しいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月15日 (火)

ヤマハが新型スクーター マグザム発表

MAGZAMヤマハがグランドマジェスティ400に続き、250ccクラスの新型スクーター・マグザム(MAXAM CP250)を発表した。
マグザムの専用サイトも開設されている。
http://www.yamaha-motor.jp/mc/x/index2.html

これは一昨年の東京モーターショーで発表されたコンセプトモデル・ マブリスの市販モデル
オートバイ誌の昨年12月号では確定スクープとしてグラフィック付きで公開されていたが、車名、デザインともだいぶ異なっている。 ロー&ロングの基本コンセプトは変わらないが、それ以外の部分にはかなりの変更が加えられた(先月3月号でほぼ現在の形のグラフィックを公開)。
イメージとしてはホンダのフュージョンだろう。フュージョンも1月にTypeXのカラーチェンジ、その豪華版となるSEを発売しているが、4月以降、強力な競合モデルとなるに違いない。
車高の低さはマジェスティと比べれば一目瞭然。グランドマジェスティよりさらに低い。
ヤマハのホームページでは他車と車高の比較ができる。
http://www.yamaha-motor.co.jp/

マグザムマジェスティ、マジェスティC、グランドマジェスティに続き、ヤマハのクウォーター・クラスのスクーターとしては4車種目のスクーターになる。

カラーはシンボルカラーとなるブルーの他、ブラック、ホワイト、レッドの計四色。
発売日4月1日。価格63万円は4車種の中でもっとも高価。

ちなみにY`sギアからは早くもマグザム用のカスタムパーツが発表されている。
http://www.ysgear.co.jp/mc/special/maxam/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月 1日 (火)

富士スピードウェイのリニューアル・オープン

富士スピードウェイのリニューアル・オープンが迫ってきた。newfisco
昨日は富士スピードウェイで落成披露が行われた。
コース脇に雪が残るなか、ラルフ・シューマッハがF1マシンでデモ走行をおこなった。

2000年、トヨタの資本参加によりコースと施設の全面改修が決まり、2002年9月に工事着工、一昨年の10月からは長らく閉鎖されていた富士スピードウェイであるが、いよいよ4月10日にリニューアルオープンされる。

今回の工事ですりばちバンクと呼ばれた傾斜角30度のバンクは取り壊されてしまったが、かつてのFISCO(富士スピードウェイのこと。Fuji International Speedway Co.,Ltdにちなむ。ちなみに現在のHPを見るとFSWなんていう略を使っていたりする。これからはそんなふうに呼ぶつもりなの?)の面影は残しつつ、コースの後半にはテクニカルコーナーを盛り込み、大胆な変身を遂げる。
すりばちバンクとはかつての1コーナーで、事故が多いことでも有名だったコーナーである。一般的にもっとも知られているのは1976年に続いて開催された1977年のF1日本グランプリにおける死亡事故だろう。この時はフェラーリとティレルのマシンが接触し、フェラーリのマシンが宙に舞った。ドライバーは無事だったものの、観客が犠牲になっている。レース続行で批判を浴びたことも理由のひとつか、日本GPはこの77年を最後にしばらく行われなくなった。
ちなみに国内においては1974年の富士グランドチャンピオンレースにおける死亡事故がきっかけとなり、すりばちバンクはほとんど使用されていなかったようだ。

いずれにしても、1966年の開業から39年目にして、FISCOは生まれ変わることになる。
個人的にはこのサーキットを車やバイクで走ったことはない。
いまから20数年前にスポーツ新聞社の主催で行われたFISCOマラソンが、僕にとっては唯一のコース経験だ。
あれはなかなか楽しいモノだった。

リニューアル・オープンしたらぜひ一度行きたいと思っている。
そしてF1の招致。2006年までは鈴鹿開催が決定しているわけだが、鈴鹿も部分改修で施設を充実させているし、即2007年からは新しくなった富士で、というほど単純には進まないだろう。関係者のあいだではまずF1開催に向けた人材の育成も必要といわれているようだ。
この際、パシフィック・グランプリとしてでもいいけど、今年19戦まで増え、他にも新たな候補地が何ヵ所か控えている現状ではちょっと無理っぽい気もする。

とにもかくにもトヨタのフィスコ買収はもともとF1参戦と連動し、富士でF1を開催することを目的としていたはず(なにしろ当時買収に失敗した場合には、ヤマハが所有するスポーツランド菅生でF1を開催しようか、なんて計画まであったくらいだから、本気度はかなり高いだろう)。早晩、必ず実現することは間違いないだろう。

個人的には鈴鹿は遠い。英田はさらに遠かったし、なんとか東日本でもう一度開いて欲しいものだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »