« ホンダに続き、ヤマハが新車保証期間を2年に延長 | トップページ | ヤマハが2代目の電動バイクEC-02発表 »

2005年4月 8日 (金)

高速タンデムスタートとETCゲート破壊の頻発

今月1日からいよいよ高速道路におけるバイクのタンデム走行が解禁になった。
ここ数日、この手のニュースには気をつけていたのだが、ことさら事故が頻発したというニュースは伝わってこないから、とりあえずは静かにスタートを切ったというところだろうか。

道路関係のニュースでは、ETCの別納制度廃止に伴うトラブルでトラック関係のゲート激突が相次いだことが大きく取り上げられていた。今回はトラックだったから、ゲートや車は壊れても人身事故につながるほどの被害にはならなかったが、もしもバイクで同じことが起こっていたら、大惨事につながっていただろう。技術的には防水振動対策などにメドが立ち、早ければこの秋にもETC機器が発売されそうな感じだが、ゲートの問題に関しては専用レーンを設けるなど、安全への対策は万全にしてもらいたいものだ。

|

« ホンダに続き、ヤマハが新車保証期間を2年に延長 | トップページ | ヤマハが2代目の電動バイクEC-02発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4621/5272751

この記事へのトラックバック一覧です: 高速タンデムスタートとETCゲート破壊の頻発:

« ホンダに続き、ヤマハが新車保証期間を2年に延長 | トップページ | ヤマハが2代目の電動バイクEC-02発表 »