« 廃車した軽自動車税納付書が届いた | トップページ | 国内メーカー全4社が2年保証 »

2005年5月14日 (土)

バイク事故の事後処理

スクーターでタクシーに突っ込んでから一週間が過ぎた。
http://tono.way-nifty.com/gpz/2005/05/post_72ec.html
事故後、病院で頭部の検査を受け、こちらは全治一週間。
しかし検査を受けていない各部打撲のうち、左手の痛みがいまだに完全に引かない。これについては月曜まで様子を見て、思わしくないようなら検査に行くことにしている。

タクシーとの事故は損害賠償処理がけっこう面倒ということを方々から聞いていたのだが、週後半に封書で書面が届き、治療費、物損に関する損害費用のすべてを先方が負担することで、あっさり決着した。
ただ、これで万事解決というにはもうしばらく時間が掛かりそうだ。
治療費については領収書がすべてなので、なんら問題の入り込む余地はない。
頭が痛いのは物損に関する処理だ。
まずバイクの方は完全に修理すれば新車が買えるくらいの金額になってしまうだろうから、全損扱いは9割方決まりだろう。それにくわえてヘルメット、ポータブルMDなどの損害をくわえ、全部でどれくらいの金額で決着できるかが見えない。
何しろまだ一年以上ローンが残っているので、廃車して処分するにしてもローンの残を片づけることが優先事項になる。そこを解決した上で、中古を買うか、車検切れになっているninjaの車検を通すか、という判断だ。
いずれにしても足が出るだろうな。

|

« 廃車した軽自動車税納付書が届いた | トップページ | 国内メーカー全4社が2年保証 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4621/5273016

この記事へのトラックバック一覧です: バイク事故の事後処理:

« 廃車した軽自動車税納付書が届いた | トップページ | 国内メーカー全4社が2年保証 »