« マフラー形状のトレンド | トップページ | 京都24時間日帰り »

2005年10月24日 (月)

ロッシは将来F1へいくのか?

かねてよりF1デビューの噂が絶えない今年のチャンピオン、バレンティーノ・ロッシだが、その信憑性とはどの程度のものなのだろう?
すでにフェラーリで複数回にわたるテスト走行を行い、タイム的にも正規テストドライバーを上回る時計を出しているというが、=F1デビューという構図にはならないのではないか、と僕は思っていた。ロッシ自身がF1よりもラリーに興味があると発言したこともあるようだし、仮に4輪にいくとしても、F1で、しかも流れからするといきなりフェラーリ、という流れはあまりに極端に思えていた。

ところが、現在発売中のモーター・サイクリスト11月号のコラムで、可能性は極めて高いだろうという記事を目にして、その思いこみにちょっと自信がなくなってきている。
なぜなら、その記事を書いていたのがモーター・スポーツ界のノンフィクション作家として敬愛してやまない冨樫ヨーコ氏だったからだ。

冨樫ヨーコといえば、ポップ吉村の伝説選ばれしGPライダー―世界チャンピオンの告白など、数々の著書をもつ人。
どの著書もノンフィクションとは思えない躍動感にあふれている。
もちろん、氏が直接ロッシに取材した答えではないだろうが、その可能性はゼロよりも意外と高い場所にあるのではないか、という気がしてきている。

冨樫ヨーコ氏の著書はこちら

|

« マフラー形状のトレンド | トップページ | 京都24時間日帰り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4621/6386040

この記事へのトラックバック一覧です: ロッシは将来F1へいくのか?:

« マフラー形状のトレンド | トップページ | 京都24時間日帰り »