« 秋冬のジャケット | トップページ | ゴロワーズ外装キッド限定発売 »

2005年10月19日 (水)

スズキの直6エンジン

s-st バイクの直6エンジン車というと、かつてホンダCBX(1000)、カワサキZ1300といったモデルがあったわけだが、とにかくデカくて重いがネックとなって、スタンダードになることはなかった。

長らく目にすることのなかった直6モデルだが、今回の東京モーターショーでスズキが参考出品するようだ。
モデル名はストラトスフィア=成層圏。スズキとしてはこれが初なのだろうか(未確認)?
横置きの直列6気筒モデルとなる。
すでに試作車がテストコースを走っているというから、単なる飾りではない。

写真で見る限りだが、驚かされるのはそのコンパクトさ。
直6でありながら、直4に見劣らない車体幅を確保しているように思われる。
可変スクリーンやパニアケース用の格納式バッグステー等を装備し、(フロント周辺等の)デザインにはどこかカタナを連想させるものがある。
どうやらオートマ・モードを備えているようだ。FJR1300ASとは違い、こちらはクラッチによるマニュアル操作も可能にしているらしい。

もちろん、このままの形で市販化されるとは思えないが、6気筒エンジンというコンセプトが受け入れられれば、新たな市場が生まれる可能性はありそうだ。
実車を見るのが楽しみな一台。

|

« 秋冬のジャケット | トップページ | ゴロワーズ外装キッド限定発売 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4621/6315361

この記事へのトラックバック一覧です: スズキの直6エンジン:

« 秋冬のジャケット | トップページ | ゴロワーズ外装キッド限定発売 »