« バイクブロス 冬のアウトレットセール | トップページ | ジッポー ハンディウォーマー »

2006年1月18日 (水)

バイクの三ヶ月保管

P1150010 昔のバイク雑誌を見ていたら、愛車の絶対安心保管術という特集記事を見つけた。

ビッグマシン誌2002年2月号。

特集では、
1日から1週間保管
3ヶ月保管
半年以上保管

の3項目に内容が分かれている。

僕自身は週に何日かは確実に乗っているので、特にこの時期だからといって関係はないのだけれど、いまから3ヶ月後には春が来て、またツーリングの季節がやってくる。
冬場に乗らない人にとっては、この時期の保管というのはけっこう大切である。

記事に書いている3ヶ月保管のコツはだいたい以下の通り。

1.微弱充電(無理ならバッテリーをはずして定期的に補充電)
2.バックミラーをはずす(カバーを掛ける際、ミラーをはずした方が深く掛けられる)
3.ロック(多いほどいい)
4.ワックスがけ
5.樹脂パーツの油分補給(アーマーオール等)
6.フロート室のガソリンを抜く(ジェット類の錆予防のため)
7.カバー内側には毛布(結露予防)
8.地面にじゅうたん(地面からの冷気を防ぐ。ただし湿気に注意)
9.空気圧は2割り増し(タイヤの変形を抑える。接地面も定期的に変える)
10.タイヤ・サイドウォールに保護剤(紫外線などによる劣化防止)
11.タイヤを浮かす(センスタ装備車は使用。サスにかかる負担も軽減できる)

P1150011

バッテリーについては、イモビライザー等を装備している場合にははずすわけにもいかないので、取り外して保管するとき以上にバッテリーの状態には気を遣う必要がある。
バイクを3ヶ月放置した際、もっともダメージを受けるのはバッテリーだと思う。
カバーは時々はずして、中にこもった湿気を抜く必要がある。
冬場は乾燥しているとはいえ、カバー内外の温度差から結露ができるため、カバー内にはけっこう湿気がたまる。
ちなみに、最近はバイク全体をすっぽり覆うタイプのカバーもワイズギアなどから発売されている。
ただし、さすがに高い。ワイズギア製は2Lタイプで3万近くもする……。

|

« バイクブロス 冬のアウトレットセール | トップページ | ジッポー ハンディウォーマー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4621/8190089

この記事へのトラックバック一覧です: バイクの三ヶ月保管:

« バイクブロス 冬のアウトレットセール | トップページ | ジッポー ハンディウォーマー »