« スピードメーター不動でネズミ取り | トップページ | フォークオイル交換 »

2006年2月19日 (日)

ブレーキ引きずりの原因

フロントブレーキの引きずり原因が何となく判明。

パッドの厚みが標準値をかなりオーバーしていた!

取り付けるときから気にはなっていたのだが、サービスマニュアルが指定するパッド厚の標準値は4ミリ。
新品のグッドリッジ製パッドはもともとかなり厚い印象があった。
今回、フロントフォークをはずしたついでにパッド厚を計ってみたところ、

5ミリちょっとある……

つまり1セット2枚だから、現時点で2ミリ。おそらく取り付け直後は3ミリ以上標準値より厚かったと思う。
そりゃ、引きずっても無理はあるまい。
引きずったまま300キロ以上走ってしまい、いまでは引きずり音こそ聞こえなくなっているが、まだタイヤの動きはスムーズじゃない。
もう、今さらどうにもならないが、ディスクローターは相応のダメージを負ったな…… (ゆくゆくはウェーブローターに代えたいという野望があるのでまぁいいや)。
1セット500円だから文句は言わないけど、グッドリッジってそんなに品質悪かったっけ?(カタログによる指定パッドであることは確認済み)

|

« スピードメーター不動でネズミ取り | トップページ | フォークオイル交換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4621/8736606

この記事へのトラックバック一覧です: ブレーキ引きずりの原因:

« スピードメーター不動でネズミ取り | トップページ | フォークオイル交換 »