« フォークオイルレベルゲージ自作 | トップページ | 第33回東京モーターサイクルショーのチラシ »

2006年2月23日 (木)

スピードメーターその後

スピードメーターが動かなくなって、フロントフォークのオイル交換に合わせて原因を調べる。

フロントホイールの接合部、ホイールに組み込まれているレシーバがなめて削れている
どうやら原因はここにありそう。
2006_0218_210155
オレンジ色に見えるのはベアリング。軸から飛び出している部分がレシーバ。凹み部分が削れて浅くなっている。

とりあえずレシーバのトゲになっている部分をヤスリを使ってなめらかにする。
そこへメーターギアを組み込んで回してみると、なんとか回っているメータースクリューが回っている。
これはいけるか?と思い、メーターギアをグリスアップして組み付ける。

回らない。

組み付けると回らない。
レシーバに問題があることは間違いないのだが、問題はメーターギアが大丈夫かどうか?
すべて取り替えるとこれは結構な値になる。
メータースクリューとシールだけを購入して取り替えてみるか、あるいはオークションで安い中古を捜すか。

|

« フォークオイルレベルゲージ自作 | トップページ | 第33回東京モーターサイクルショーのチラシ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4621/8740176

この記事へのトラックバック一覧です: スピードメーターその後:

» 入院か!? [あっ!! そ~言えば。。。]
拙者ではござらんw     愛車、Soonerである。 2/19(日)のことであ [続きを読む]

受信: 2006年2月24日 (金) 22時47分

« フォークオイルレベルゲージ自作 | トップページ | 第33回東京モーターサイクルショーのチラシ »