« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月13日 (土)

GWは船橋へ

GW中の5月5日に船橋まで出かけてきた。

晴海通りから湾岸線へ出る道は、最近よくドラマなどで使われるトリトン・スクエアのところを左折して、迂回しつつ湾岸線へと続くのだけれど、この3月に直結道が一部開通して、豊洲に至る通りまではまっすぐ出られるようになった。
その先はまだ工事中だが、開通すれば、お台場までの道はかなり近くなる。
余談だが、オートバックス系のバイクショップ、ライコランド東雲は場所が場所だけにできれば開通してほしくないだろうな。

湾岸線沿いの国道357号はさすがに空いていた。
普段は一部にかなり渋滞する箇所があるのだが、いずれもほぼすんなり。

船橋ではららぽーとで佐世保バーガーを食し、話題の大型家具ショップIKEAへ行くつもりだったのだが、このIKEAが午後2時過ぎの時点で入店まで90分待ち。後に聞いた話では、このGW中に在庫の4割がなくなったという盛況ぶり。こちらは次回へと回すことにして、三番瀬へと向かった。

三番瀬といえば、以前、埋め立て問題でかなり物議をかもし、結局、残す方向で決した場所であるが、なるほど残ってよかったなぁと思う場所だった。
この時期、ここでは潮干狩りができる。
この日は午後3時から5時半までが開催時間。
時間とともに浜に入り、アサリを捕るまくった。
最初のうちは比較的陸地に近いところを掘っていたのだが、すでに開催から1ヶ月あまりがすぎて、GWもこの日が最終日(潮の関係でこの後は11日までない)。探せども探せどもアサリは見つからず、出てくるのは貝塚のような貝殻ばかり。
ところが、少しずつ海の方へ歩いてゆくと、そこには掘らずともいたるところにアサリが散らばっている。1時間としないうちに2キロほどのアサリを捕って終了。アサリは出口のところで計量してもらって100グラム60円で買い取るのだが、あらかじめ約1キロ分入る600円の網を買っておくと、詰め放題で出るときもスルー。おすすめである。
ちなみに、今年の開催は6月18日までとなっている。

帰りは天王洲に出て、食事をして帰ってきた。
天気もよく、気持ちのいいバイク日和だったが、ビールが飲めないのはつらいね(バイク日和はイコールビール日和でもある)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 9日 (火)

ヤマハがドライカーボン製ジェットヘル発売

Hel 昨年の東京モーターショーでアライがドライカーボン製のヘルメットRX-7RCを試作展示していたが、ヤマハのワイズギアから同素材ドライカーボンを使ったジェットヘルが発売される。

アライではF1レーサー用に作っているドライカーボン製ヘルメットに参考価格として150万という価格がつけられていた。まぁ、市販品とは構造もまっく違うだろうが、高価な素材であることは容易に想像できる。
今回のワイズギア製ドライカーボンヘルメットは36750円(税込み)。
価格的には普通に思えるが、他のヤマハ製ヘルメットが2万円台で売られていることを考えると、やはり高い。

ドライカーボンとアラミド繊維を用いて強度と耐久性に加え、軽量化とコンパクト化を図っているらしい。
ちなみに、重量は従来のポリカーボネート製ヘルメットに比べて約15%ほど軽くなっているという。

黒を基調に赤・青・灰の3色の炎柄をあしらったフレア・デザイン。
販売予定は年間3000個。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »