« Araiヘルメット来年1月から値上げ | トップページ | 冬のセール開始 »

2006年11月21日 (火)

グローブの進化

00000356 グローブの進化といっても、ここで載せるのは最新グローブのそれではなく、格安で買ってきたグローブのモデルチェンジについて。

先日、たまたま五年ほど前に購入したグローブと同メーカーでおそらく同モデルの後継モデルのグローブを購入したのである。

左が古いグローブで、右が先日購入した新しいグローブ。
Thinsulateという名のロゴが入っているので、おそらくこれがメーカー名かと思う。
見た目ですぐわかるのは差し込み口にスカートがついたこと。一般的な冬用グローブと袖口は短め。それだけにこれまでのモデルでは上着の袖口から冷気が吹き込むこともしばしばだったが、この改良によってそういった心配がほとんどなくなった。
00000358

写真ではわかりづらいが、素材もかなり改良された。内側はおそらくフリース地の素材に変わり、外側もグローブを握る側が以前のナイロンから合皮素材へと変更。
00000357

夏用から冬用への移行期に使うのにちょうどよい暖かさで、価格の割に重宝していたのだが、さすがに五年も経つとへたり具合も末期的。
そこへたまたま店で見つけて即購入した次第。五年前に買ったときはたしか1500円くらいだったというおぼろげな記憶があるのだが、今回は1000円ほど。性能がアップした上に価格が2/3になったのだから、これはいい買い物だった。

|

« Araiヘルメット来年1月から値上げ | トップページ | 冬のセール開始 »

コメント

shinさん、こんにちは。
今日、2りんかんに寄ったら、もっとも安いやつで2000円くらいのが出てました。つい最近まではハンドルカバーなんてほとんど売れる商品じゃなかったのか、真冬でもあまり目立つところには置いていなかったものですが、僕ののぞいた店では入口を入ってすぐの目立つ場所にコーナーが作られてましたよ。
たしかにスイッチ類の操作などは多少、窮屈になりますが、あの防寒性能は何物にも代え難いです。

>Thinsulateってのはたぶん中綿の素材だったと思いますよ。
おや、そうなんですね。以前の白地から黒地に代わって汚れも目立たなくなってなかなかgoodです。とかく冬用グローブは防寒性能を高くするほど、厚みが増して取り回しが窮屈になりがちですが、これは価格・性能とも十分に及第点です。
ちなみに2りんかんにも別モデルが並んでいましたが、先日買ったものより安っぽくて価格もやや高かったですね。

コメントありがとうございました。

投稿: tono | 2006年11月23日 (木) 12時17分

こんにちは。
自分は今まで、真冬でも普通のグローブで強引に乗り切っていたんですが、さすがにどうにかしたいなぁと思っています。

ハンドルカバーを導入したものかどうか。迷っています。来シーズンかなぁ…。なかなか乗るヒマもないですし。

あ、あと、Thinsulateってのはたぶん中綿の素材だったと思いますよ。うろ覚えですが化繊で真綿の数倍の保温力とか、そんな感じのものだったと思います。

投稿: shin | 2006年11月21日 (火) 19時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4621/12770801

この記事へのトラックバック一覧です: グローブの進化:

« Araiヘルメット来年1月から値上げ | トップページ | 冬のセール開始 »