« モーターサイクリストの創刊っていつなんだろう? | トップページ | 首都高距離別料金制移行についての記事 »

2007年10月 2日 (火)

600ccという排気量の意味

以前から600ccという排気量のバイクがなぜそんなに各メーカーこぞって発売するのか、少し疑問に思っていたのであるが、先日、ネットを見ていたらその意味が何となくわかった。

これはヨーロッパの保険事情によるところが大きいようだ。
現在、ヨーロッパ諸国では排気量600ccを境にして、保険料が跳ね上がるシステムらしい。
それ故、リミットぎりぎりの600ccバイクが近年その存在感を増しているのだと想像する。

でもヨーロッパのKTMは640アドベンチャーなんていう625ccバイクを作っているから、理由はそればかりでもないのかな……。
いずれにしても、一因ではあるんじゃなかろうか。
ナナハンという言葉にいまだ羨望のオーラを禁じ得ない僕などは、6Rとかいわれても、(申し訳ないが)まったく魅力を感じないけど……。

|

« モーターサイクリストの創刊っていつなんだろう? | トップページ | 首都高距離別料金制移行についての記事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4621/16572499

この記事へのトラックバック一覧です: 600ccという排気量の意味:

« モーターサイクリストの創刊っていつなんだろう? | トップページ | 首都高距離別料金制移行についての記事 »