« 別冊モーターサイクリスト2008年12月掲載のダウン・ウェアその4 | トップページ | ヤマハ年末ビッグプレゼント企画実施中 »

2008年12月 1日 (月)

バイク用ETCに新型登場

バイク用のETCに新型が登場した。
すでに2008.11.25から出荷を開始している。
これ以前の機種は2006.09に発売されたJRM-11シリーズであるが、今回新たに発売されるのはJRM-12シリーズで、本体、アンテナ、インジケータがひとつになった一体型。価格は11シリーズより約1万円安い19950円。
一体型であれば、これまで本体の設置スペースがなく、ETC装着が不可能だったバイクにも導入が可能となる。
今後はカラーバリエーションや液晶表示なども検討してゆくということだ。
日本で唯一、バイク用のETC機器を作っている日本無線に期待するとともに、がんばってほしいものだ。
ちなみに、2008.8末現在のバイク用ETCの装着率は約12万台ということだ。普及率は約3.4%。車の27%に比べると、その差は歴然。
写真など詳しいところは日経トレンディネットで閲覧できる。
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20081128/1021413/

|

« 別冊モーターサイクリスト2008年12月掲載のダウン・ウェアその4 | トップページ | ヤマハ年末ビッグプレゼント企画実施中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4621/43288017

この記事へのトラックバック一覧です: バイク用ETCに新型登場:

« 別冊モーターサイクリスト2008年12月掲載のダウン・ウェアその4 | トップページ | ヤマハ年末ビッグプレゼント企画実施中 »