« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月24日 (火)

今週末、東京モーターサイクルショー開催

先週末、大阪で行われたモーターサイクルショーであるが、今週末は東京ビッグサイトで第36回モーターサイクルショーが開催される。
期間は、
2009年3月27日(金)、28日(土)、30日(日)の3日間。
今年は秋に東京モーターショーの開催年にあたるが、今日のニュースによると景気後退の影響で自動車メーカーを中心に出展企業の数が前回から半減するらしい。この中にはアメリカのビッグ3のほか、ベンツ、フォルクスワーゲンといったメジャー企業も含まれている。当然、オートバイメーカーの中にも出展を見合わせる企業は出てくるだろう。
できれば見に行きたいのだけれど、ちょっと難しいかもしれない。ヤマハがやってたチケット・プレゼントもハズレてしまったし……。
今年の見所はやはりカワサキのダエグとヤマハのVMAXが目玉だろう。
ほかでは排ガス規制で一時絶版になっていた車両の再デビューがいくつかある(ホンダ・モンキーあたりの注目度はかなり高そう)。
いずれにしても3日間という期間が短すぎる。せめて5日あれば、見に行くチャンスも高まるんだけれどねぇ。
なお、ホームページにあるアンケート用紙を印刷、書き込んで持ってゆくと、当日券1500円が100円割引になる。また、今回は男女ペア券(以前からあったのかもしれないけど……)というのがあって2500円。こちらもアンケートで100円の割引が適用される(ちなみに前売券は1200円でペア券の販売はなし)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月20日 (金)

バイカーズ・ステーション2009.04月号/オーバーホール入門PART2購入

P1000228_2 PART1を購入したからにはPART2も買わねば。ということでバイカーズ・ステーション2009.04月号を購入した。
パート2で扱う項目はサスペンションとブレーキ。
パート1に比べると手をつけやすい場所なのではないだろうか。
実際、僕はninjaのフロントフォークとブレーキキャリパーのオーバーホールを自分で行ったことがある。サービスマニュアル1冊で行った作業故、ひじょうに心許ない部分はあるのだが、いまのところはこれといったトラブルもなく走らせている。
しかしこの雑誌があれば、もう少しきちんとした整備もできたかもしれない。素人目には内容的にも十分なもののように思える。少なくともサービスマニュアルだけで無茶をするよりははるかにいいだろう。P1000229_3 

B001S30HT2 Bikers Station (バイカーズステーション) 2009年 04月号 [雑誌]
日本出版社 2009-02-28

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月19日 (木)

モヒとCB1100Rフィギュア発売

P1000281 東本昌平のマンガではおなじみのキャラクター、モヒカン頭のモヒとその愛車ホンダCB1100Rがセットになった1/12スケールのフィギュアが発売されるらしい。
東本昌平RIDE22でも記事になっているが、バイクはWIT'Sの手によるもの。モヒは東本氏がデザインをリテイクし、マベルという会社が制作し、塗装はひとつひとつ手塗りだという。
発売は2009.03.25で少量生産。
アマゾンでも発売され、通常価格20790円が16839円。
ちょっぴり興味はあるが、置き場所がねぇ……。

B001RB22IY 1/12 キリン モヒ + CB1100R改
やまと 2009-03-25

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月18日 (水)

東本昌平RIDE22購入

P1000271 東本昌平RIDE22を購入した。
今月号のマシンはヤマハFZ750。
二眼5バブルを特徴とするハーフカウルのナナハンだったが、個人的には当時ヤマハの4ストスポーツバイクの中心的存在であったFZシリーズの国内フラッグシップモデルにしては、ずいぶん格好の悪いバイクだなぁと思ったものである。角形の枠のなかに丸眼二眼が入ったヘッドライトは、同じく角形の枠に二眼を押し込んだ(こちらは角形二眼だったっけ)CBX750同様、どうにもなじめない顔だった。
いかに5バルブという当時最新のテクノロジーを駆使し、FZの名前を冠していても、乗ってみたいとは思えども、決して欲しいとは思えなかったなぁ。そして、いま改めてその写真を見直してみても、やはり気持ちは同じだった。

他では
『モリワキ サーキットの軌跡』の第三回
『嘘はほんのり赤い』片岡義男
『キリン REBOOT』等々。

4862791166 東本昌平 RIDE 22 (Motor Magazine Mook)
東本 昌平
モータマガジン社 2009-03-14

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月11日 (水)

高速道路1000円はGW前まで二重取りに

今月2009.03.28から開始予定となっている土日祝の(地方の)高速道路1000円で、開始当初は二重取りが発生するケースがあるままでのスタートになる見通しとなった。
これはシステム変更の作業が間に合わないためで、たとえば、東北→関西で首都圏を経由する場合、首都高を含む首都圏の一部は一律1000円の対象外となる(3割引)ため、東北→首都圏→関西となり、いったん1000円区間から下りて乗り直しの形になってしまうらしい。つまり本来なら合算して1000円となるところが、1000円+1000円で倍の2000円かかる。もし、東北から九州まで首都圏と大阪中心部を経由した場合、さらに1000円加算されて三重取りになる可能性がある。
ゴールデンウィークまでにはこの問題を解消するとしているようだが、それまでのあいだに発生する二重取り、三重取りに対する返金は一切行わないようだ。

おそらく、このシステム変更にかかる費用もかなりの額に上るのだろうな。
先の民主党小沢代表の第一公設秘書逮捕で、民主党政権の実現にも暗雲が漂っているが、もし、実現すれば高速道路が無料化されてそんな無駄な経費も必要なくなるのにね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年3月10日 (火)

NEW VMAX発売でヤマハHPが特別仕様に

今日2009.03.10、いよいよ新型のヤマハVMAXの日本仕様が発売になった。
これに合わせて、ヤマハのホームページもバイク・スクーター部門のトップページがVMAXをバックにした特別バージョンに変更されている。
いつまで続けるかわからないが、トップページにはスペシャルサイトへの誘導リンクも張られている。
このトップページをみるとヤマハではVMAXをフラッグシップモデルとして扱ってゆくようだな。かつてRZV500のようなレーサーレプリカがフラッグシップだった頃を思うと、ほとほと時代の流れというものを感じるね。

http://www.yamaha-motor.jp/mc/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 4日 (水)

高速料金1000円は2009.03.28~実施へ

2008年度第二次補正予算関連法案が今日の午後、成立する見通しである。
昨日、参院財政金融委員会で同法案が否決され、今日午前の参院本会議でも否決されるため、今日の午後、例の憲法59条を使って2/3以上の多数をもって再可決する。
もちろん、この関連法案には2兆円をばらまく給付金も含まれており、早いところでは明日5日から支給する自治体もあるらしい。
そして高速料金の値下げ。
今日、法案が成立すれば、2009.03.28の土曜日から料金値下げを実施する方針のようだ。
値下げの詳しい仕組みについては日経トレンディネットで詳しく書いているのでそちらを参照してもらいたいが、とりあえず土日祝に1000円上限で高速を使い放題というのが売りになっている。
個人的にはそれほど利用価値があるとは思えないのだけれど、それでも今年は春と秋に大型連休があるので、ここらあたりで利用できるかな。

ちなみに先に挙げた日経トレンディネットのリンクはこちら。
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20090127/1023138/?P=1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »