« リード90ベルト切れ | トップページ | バッテリー端子に白い粉 »

2009年5月22日 (金)

リード90ベルト切れ修理

リード90ベルト切れの修理でバイク屋にもってゆく。
大きなバイクは扱わず、もっぱらスクーター中心にやっているショップである。
うちでは数ヶ月前にDioが動かなくなったときに引き取り修理をしてもらったことがある。

預けてから正味二日で修理は完了。
やはりベルトが切れていたらしい。
今回のベルトは34000キロ走ったもの。新しい部品まで注文しておきながら、のびのびにしていたツケだ。
キックが下りなかったのは切れたベルトが絡まったためらしい。
一緒にスライドピース交換されていた。ウェイトローラーはまだ大丈夫ということでそのまま。修理料金は8500円ほどだった。まぁ、妥当な線だろう。絡まったベルトを外す作業の手間を考えれば安いぐらいだ。
そのせいかどうかわからないが、おそらくキックスターターをグリスアップしてくれたのだろう。これまでとてもとても固かったキックが、びっくりするくらい軽くなった。
やはりこういう修理はきちんとした店に任せるに限る。おそらくパーツショップなどでやると、最低限の作業しかしてくれない。

|

« リード90ベルト切れ | トップページ | バッテリー端子に白い粉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4621/45052994

この記事へのトラックバック一覧です: リード90ベルト切れ修理:

« リード90ベルト切れ | トップページ | バッテリー端子に白い粉 »