« レインコート購入 | トップページ | ホンダ・スーパーカブ110発表 »

2009年6月10日 (水)

見づらいナンバープレート

先日、ナンバープレートが見づらい状態で走っていたバイクがパトカーに見つかり、逃げて追跡された挙げ句、事故って運転者が死亡、タンデムしていた女性が脚を骨折する事故があった。
想像するに、おそらくナンバープレートは斜め固定かそれに近い形で加工していたのだろうという気がする。パトカーが発見して職質したのは職務として当然だと思う。むしろ黙認するのであれば職務怠慢といえる。
運転者が逃げたのは、骨折した女性が酒を飲んでいたと答えていることから、飲酒運転で捕まるのが怖くて逃げたものと想像できる。
ニュースでは見失った後に事故を起こした現場を発見したことになっている。この点には少々疑惑を感じないでもないが、ここではそれについては考えない。亡くなった運転者についても考えない(むろん、自業自得の運転者を気の毒とも思わないけど……)。

ここで考えたいのは見づらいナンバープレートの取り付けについて。
車と違って、バイクの場合は後部にしかナンバープレートを取り付けないため、基本的にオービス対策という考え方は通用しない。おそらく主な目的はもしなにかやらかしたときに逃げ切るための対策なのではないか、という気がする。もちろん、その対象にはパトカーも含まれているのだろう。実はこうした取り付けをしているバイクは意外と多く、パーツショップにはそれ用のパーツが堂々と並んでいたりする。不思議なことである。
飲酒運転をして逃げて事故って死亡。しかも同乗者にけがも負わせている。むろん、現行法では同乗者にも罪は及ぶ。
同情の余地はまったくない。
もしナンバープレートを正常に取り付けていれば、パトカーに止められることもなかったはずである。飲酒運転は許されないが、死ぬくらいなら、せめて警察に咎められることのないバイクに乗ってほしいものだと思う。

|

« レインコート購入 | トップページ | ホンダ・スーパーカブ110発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4621/45280033

この記事へのトラックバック一覧です: 見づらいナンバープレート:

« レインコート購入 | トップページ | ホンダ・スーパーカブ110発表 »