« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月30日 (金)

ヘルメットは燃えるゴミ

P1010323 新しいヘルメットを購入したのを機に、古いヘルメットを一斉処分することにした。
これまでどう処分していいのかわからず、そのまま放置していたのであるが、市のホームページで調べてみたところ、僕のいる市では燃えるゴミとして出していいらしい。
燃えるゴミだったのか……。
予想外の結果だった。
市によっては粗大ゴミに指定されている市もあるというのに。
もちろんヘルメットを構成している大部分は高温の焼却炉なら簡単に燃えるだろうけれど、なんだか有害物質も排出しそうな気がする。
いずれにしてもヘルメットの処分に関しては自治体によって判断にかなりの違いがありそうだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月29日 (木)

格安ヘルメット購入

P1010315 通勤用に新しいヘルメットを購入した。
NEO RIDERSというメーカーのフリップアップ式のヘルメットである。いわゆるショウエイのシンクロテック(現在はマルチテック)式のヘルメットでフルフェイスでありながら、チンガードが持ち上がるようになっているタイプのヘルメットである。

P1010316_2

価格は破格の6000円。しかも送料込み。
以前、OGK製で同様の製品を購入したことがあるのだが、OGK製の約半値である。
それでもSG規格は通っているし。スネルは通ってないだろうが、まぁ、この価格だから仕方がない。一応、全排気量で使用OKとある。
届いたものを開いてみて、まず思ったのは重さ。約1700グラムという数値がどの程度のものかわからなかったが、アライ、ショウエイはもとより、OGKと比べても明らかに重い。
ただ、この価格の割に、内装は取り外しができるようだ。そしてフリップアップも金具でしっかり固定される仕掛けになっている(逆に言えば、こうした仕掛けで重量がかさんでいる)。
あごの留め具はワンタッチ式で、使い勝手はまぁまぁ。

P1010317

ベンチレーションは口元に一ヶ所。頭頂部の左右前後に計4ヶ所あって、数に不足はない。
かぶり心地はそれなりのもの。価格を考えれば妥当というか、まぁ悪くないという線には達している。首の後ろ部分がやや短い印象があるけれど、それも許容範囲である。
塗装もまずまずだろう。色ムラはないし、安っぽくもない。
この価格なら多少ラフに扱っても気にならないだろう。むろん、落としちゃまずいが、メットインやホルダーに固定して傷がつく程度ならさほど気にならない気がする。
色はシロ、クロ、ガンメタ、マットブラックの4色。

この他に、400円増しの6400円でバイザーが2重になったタイプも出ている。ヘルメットのサイドにある赤いレバーで内側のバイザーを上げ下げするらしい。

レビューを読むと一様に満足度は高いようだが、大きいという感想が多いように思う。個人的にはそうべらぼうに大きいという印象は持たなかったけれど、それより気になったのはやはり重さのほうだ。ツーリングなどではややつらいかもしれない。

なお、送料無料について上記のリンク先では今月いっぱいとなっている。来月以降がどうなるかはわからない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月28日 (水)

年末の高速1000円はナシ

先日、国交省から年末年始の高速道路1000円の日程が発表され、今年の年末は上限1000円の割引を見送り、年明け1日~5日に1000円とする方針を決定した。

暮れの1000円見送りは物流に支障が出る可能性が高いためということだが、個人的にはよいのではないかと思っている。もちろん、個人的に帰省などで利用する予定がないということが大きく、予定している人にとっては歓迎しがたい方針かもしれない。
しかしCo2の25%削減などの打ち出しておいて、渋滞の原因を作る上限1000円を年末に実施すれば、再びの大渋滞は避けがたい現実となる。年末にこれを見送ることで、一部の帰省客は航空や鉄道に振り替えるはずで、ある程度の渋滞緩和は見込めるだろう。航空、鉄道といった交通機関関係者にも歓迎されるはずだ。
まぁ、いずれにしても混むことに変わりはないのだろうけれど……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月27日 (火)

勝沼ツーリング

P1010117 もうかれこれ1ヶ月前になるが、シルバーウィーク中に勝沼までワイン購入ツーリングをしてきた。
目的はワインのみ。
初台から首都高に乗って中央道へ。
所々混んでいるところはあったものの、思っていたほどではない。
ただ、車だったらかなりイライラが募るだろうなぁというヶ所はやはりあった。
途中、二ヶ所ほどでバイクが覆面パトカーに停められているのを目撃した。ひとつは路側帯走行に対するもの(渋滞ヶ所で捕まっていた)、もうひとつは速度だろう(流れている場所で、3人グループで停められていた)。いずれも想像だけど……。
ともかく、無事に勝沼までたどり着き、向かったワイナリーはシャトー勝沼。ワイナリーとしては大きい部類に入るだろう。併設されているレストランで昼飯を食べ、ワインを数本購入した。

P1010112

その後、勝沼のワインを一堂に集めたぶどうの丘へ移動する。
道々、ハイキングのようにワイナリーを徒歩で移動する人を数多く見かけた。周囲は一面にぶどう畑。この季節、どっと観光客が押し寄せるのもよくわかる。
ぶどうの丘にもたくさんの観光客が訪れていたが、個人的にはあまり購入意欲をそそられるワインはなかった。スパークリングワインを買いたかったのであるが、ここにはほとんど置いてなかった。おおざっぱに言って、東京でも手にはいるようなスタンダードなボトルを並べているような印象があった。ただ、周囲の景色はいいし、休憩するにはもってこい。ぶどうの試食等もできる。
P1010133 ぶどうの丘を出たあとはフジッコワイナリーへゆく。ここは事前にスパークリングワインがあることを確かめておいた場所。中央高速を挟んで多くのワイナリーが集まっている場所とは反対側に位置するワイナリー。周囲にさほどぎわった感じがない。しかし中に入ってみるとそれなりに人がいて、やはりこの時期はどこのワイナリーも華やいでいることを実感する。ここでスパークリングワインを1本購入。

P1010157

ほどよい甘みのあるスパークリングワインでなかなかの美味。

昼前に到着して、15時には早々に帰路につく。
帰りは往路以上に渋滞ヶ所が多かった。それでも時間が早かったのでまだマシな方だったと思う。
土日祝1000円の高速に初めて乗ってみたが、なるほど車族は大変だ。
S.Aもかなり混んでいた。
もともとバイクの駐輪場所は少ないが、入ったS.A、P.Aの駐輪場はことごとく満車で停められなかった。

来月は正月用の新酒を買いに再び山梨に出掛ける予定でいる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月26日 (月)

今年もパタゴニアの出番到来

P1090716 今年もパタゴニアのネックゲイターの出番到来である。

現在は赤と黒、2枚所有している(家族の分も含めるとうちには4枚もある)。
僕が2枚目として購入した黒は昨年アマゾンで購入したものだが、昨年はアマゾンでも暮れには早々に品切れになっていた。
いまやバイクに乗る際には必需品となっている。
ナップスなどにいくと、バイク用のネックウォーマーが売られているが、はっきり言ってパタゴニアのネックゲイターの方が断然いい。価格も安いし暖かさも上。しかもデザイン的にも一般使いできる(もともとがバイク用ではないのだから当然だけど)。
今年はアマゾンでもいろいろな色が出ている。

Patagonia(パタゴニア) Neck Gaiter Garnet 28890 【並行輸入品】 Patagonia(パタゴニア) Neck Gaiter Garnet 28890 【並行輸入品】

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月25日 (日)

東本昌平RIDE29購入

P1010310 東本昌平RIDE29を購入。
今月号の特集はGSX-R750。
現在もモデルチェンジを重ねているバイクだが、この当時のGSX-Rは油冷エンジン。
油冷エンジンというテクノロジーを使った初のモデルが今回の主役。
同時にヤマハのFZ250PHEZERも準主役として漫画に登場している。
こちらはハーフカウルのクウォーターで、当時のレプリカ全盛期にあっては見た目はかなりマイルドな印象を受けたものだ。小柄な車体でどちらかというと女性が乗りやすいバイクだったように思っていたけれど、今回、改めてこのバイクの詳細を知るに至り、どうやらそれは考え違いだったようだ。
4バルブDOHCのクウォーターはこのフェーザーが世界初。レッドゾーンは16000回転からでかなりの高回転型エンジンであったことが伺われる。タンク一体型のカウルはホンダのVT3代目でも採用されているが、先に採用したのはこちらだろう。
漫画を読むとフェーザーの見た目とは異なる高性能ぶりがよくわかる。

東本昌平 RIDE 29 (はるもとしょうへい ライド 29) (Motor Magazine Mook) 東本昌平 RIDE 29 (はるもとしょうへい ライド 29) (Motor Magazine Mook)

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月24日 (土)

バイクカバー購入

2代目リード90の購入に伴い、バイクカバーを新調した。

P1010227

オークションで購入した極厚カバーだ。
このカバーはこれまで何度も購入しているお気に入り。
極厚だけあって風にバタつくことがほとんどない。
一応、固定するためのストラップがついているのだが、まぁ、台風でも来ない限りはほぼ必要ない。とにかく乗るたびに取ったりかぶせたりするものなので、かぶせるだけでいいというのはストレスがなくていい。耐久性もあってとにかく便利である。
ちなみに価格は送料込みで3000円弱。価格もリーズナブル。
最近、大型バイク用のサイズがなくなってしまったのがとても残念なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月23日 (金)

マイクロロン購入

リード90のエンジン内金属処理用にマイクロロンを購入した。
現在、マイクロロンは8オンスで6300円というのが標準価格のようだ。
いつの間にか角缶から丸缶へとパッケージの形状が変わっている。
今回もネットで購入したが、最初は本物かどうかちょっと疑ってしまったくらいだ。

P1010306

価格は送料込みで4000円弱。
並行輸入品の中でも安い方だろう。
2ストの場合、ひたすらガソリンに混ぜて走るという方法でしか処理できないので、それなりに時間がかかるのだが、まぁ、これをやるのとやらないのとではエンジンの耐久性に大きな違いが出てくる。
最近はマイクロロンでもいろいろな派生製品が出ているが、ことエンジン処理に関してはスタンダードで十分だろうと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月22日 (木)

リード90 2代目購入

P1010222 夏から買い換えを検討していたスクーターであるが、結局、新車は断念して中古のリード90を購入した。
初代は3年くらい前に6万ほどで購入したシルバー車体だったが、今回は5万弱。色はブラックになった。走行距離は初代とだいたい同じ1万キロちょっとである。
購入先は前回同様ネットオークション。
オークションの場合、問題になるのはまず程度であるが、引き取り場所も大きな要素になる。今回は静岡県まで引き取りに行った。
これまで僕は2度ほどオークションでバイクを購入しているが、最初は日本海側から発送してもらって送料だけで2万くらいかかった。程度がよかったからあれはあれで不満はなかったが、もしトラブルがあった際にはやりとりも面倒くさい。
今回もバイク自体はまずまずあたりといってよさそうだ。
オートチョークは問題なく作動しているし、エンジンの異音もない。ボディの傷はそこそこあるが、外装の劣化はさほど大きくない。
今後はとりあえずマイクロロンの処理から取りかかるつもりである。

それにしても、またしても2スト。
中古の選択肢としてはリード100もあったわけだが、同じ2ストでありながら、価格は2~3万以上違ってくる。リード90の頑丈さはすでにわかっているので、あえて100にする理由はさほど感じなかった次第だ。これでまた数年はリード90に乗ることになるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月21日 (水)

冬用グローブ購入

P1010245 先日、冬用グローブを購入した。
10月の連休中にナップスで開催していたセールをのぞきにいったら、たまたま駐輪場であるメーカーがガレージセールのようなものをやっていて、そこで冬用グローブが格安で出ていた。
定価9000円以上するグローブが2000円。
サイズはMサイズの残りが1つ。Sが3つだった。比較的手は小さい方だが、Mサイズを購入。

暖かさはというと、今の時期にはちょうどいいが、真冬になるとやや厳しいかもしれない。それでも、ハンドルカバーを併用すれば今年の冬は楽に乗り切ることができるだろう。
いい買い物だった。

P1010246

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 8日 (木)

ナップスが秋の大感謝祭開催

ナップスが2009.10.09~2009.10.12の期間、秋の大感謝祭と称してセールを行うようだ(つまり明日からだ)。
『全品10%OFF』は取り寄せの商品もすべてオフ。その他、特価品も出るようなので、時間を作れたらちょっといってみようかと思っている。
当面はヘルメットを新調したいところだが、アライ、ショウエイはやはり高い。それにシンクロテックタイプの便利さはやはり一度使うとなかなか捨てがたいものがある。やはりまたOGKかなぁ……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 7日 (水)

高速道路無料化について考える

2009.08.30決戦で自民党が大敗し、日本の政治は民主党政権に移って大きな転換点を迎えている。その中で民主党が目玉のひとつに挙げていたのが高速道路の無料化である。

以前は高速道路が無料化されたらどんなにすばらしいことかと、それこそ手放しで歓迎していたのであるが、そう無条件に無料化賛成とまではいえない状況が見えてきている。
それについては現在の公団民営化を主導した猪瀬直樹氏のコラムを読むにつけて思わず納得させられてしまうのだけれど、一方で森永卓郎氏の主張を読むとやはり無料化は実現すべしの気持ちが強くなる。主張によって利権を得るわけではない人間の言葉だけに、説得力はともにある。このお二人に朝まで討論してもらうのが一番の近道なのだが、ここはひとつ自分なりに考えてみたい。

そもそも猪瀬氏の高速有料維持の根本は高速道路料金とはいわゆる「特急料金」である、というもの。無料化によって高速道路が大渋滞すれば、結局は高速道路の有益性が損なわれるということだろう。たしかにその通りだと思う。減収分の財源やら天下り等々の利権問題など、他にも論点となる部分は数々あるが、とりあえずこのもっとも重要な基幹部分について考えてみたい。
果たして大渋滞は慢性化するだろうか?
もちろん大都市圏に限っていえば、それは避けられないだろう。大都市圏(現在の一律1000円が適用外の範囲。東名なら厚木-東京間、中央なら八王子-高井戸間等)に限っていえば、たとえ無料化が実現したあかつきにも有料システムを残すべきだと思う(個人的には厚木-東京間を利用することが多いので、全部無料になった方がありがたいことはたしかだけど……)。

僕自身、シルバーウィーク期間中に中央道を利用したけれど、場所によって渋滞の激しい場所がいくつかあった。
しかし現在の高速道路渋滞の原因のひとつには土日祝祭日1000円というシステム自体にも問題がある。つまり長距離を移動する車はどんなに渋滞していても途中で一般道に下りて乗り直すということができない。一度下りれば乗り直すたびに1000円がよけいにかかるからだ。

先日、新聞にシルバーウィーク期間中の渋滞によりCo2の排出量が増加したという記事が載っていたが、なにやらこういう記事に流されて無料化はまずいんじゃないか?的な空気が漂い始めている社会的雰囲気を感じる。
が、実際のところ、本当に渋滞したのは全体の中の一部であって、高速道路のあらゆるときろで渋滞が起こったわけではない。地方の田舎では連休中でも車の数がまばらという場所はたくさんあったようだ。
現在は曜日を制限しているから一極集中で渋滞も起こるが、無料が恒常化されれば、少なくとも現在のような渋滞はなくなるはずだ。なにより平日に遊びに行ける人間は限られている。長距離を走るでかいダンプやトラックが高速に移るから一般道はむしろ渋滞が緩和される可能性もある。市街地の安全性が増して、結果として一般道路の傷みも緩和されるはずだ。高速道路を走る車の量が相当増えたとしても、少なくとも地方の高速道路なら信号や人の交通に煩わされない分、耐え難い渋滞にはならないだろうと考える。さらに無料化によって高速への出入口も格段に増やせるはず(料金所を造らなくてよいのだから)で、利便性は現在より格段に向上するだろう。
全国には、完成当初に有料だった高速道路がその後に無料化された例がいくつかある。たとえば静岡の藤枝バイパスなどは平成17年に完全無料化されたが、それによって大きなメリットを生んでいる。もちろん、それによってバイパスの維持が行き詰まったという話も聞かない。もちろん、全国にまたがる高速道路と地域に密着したバイパスを同一に考えることはできないかもしれないのだけれど、個人的にはいまも無料化賛成である。

ただ、一方で割を食うことが避けられない電車やフェリーの業界に対するフォローは重要な課題になりそうだ。これまでの秩序を壊すということは、それに伴う痛みとカネが間違いなく生じる。民主党に課せられた課題は難問だらけだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 6日 (火)

雨に備えてグローブを買う

長靴と一緒にグローブを買った。
以前、買ったウェットスーツ素材のレイングローブは悪くないのだけれど、匂いが付いて外したあとに手をしっかり洗わないといけない。もちろん、防寒性能が高いので、冬はとても重宝するのだけれど、今の時期は使わずに済むならそれにこしたことはない。
で、ホームセンターでこれはちょっといいんじゃないか、というグローブを見つけて買って見たる。

P1010224
価格はなんと198円。
激安である。
手のひら全体が滑り止め素材になっている。
手の甲の部分は綿素材なので、防水というわけにはいかないが、雨の日に使うグローブとしてはけっこういい線なのではないかと思う。
完全防水を目指すのであれば、作業用の防水手袋という手もある。これもホームセンターで300円くらいで手にはいる。
これまでレイングローブというやつをいくつか使ってきたが、高い割に「これはいい」と感心したグローブには一度も巡り会っていない。
どうせダメなら200円のグローブで十分なのではないか?
ちょっと試してみてまた報告したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 5日 (月)

雨に備えて長靴を買う

雨に備えて長靴を購入した。
ツーリングであれば朝から雨ならまず中止。曇り空で途中から降ってくることを想定しても、長靴を履いて出掛けたりはしない。ブーツカバーをもって出掛けることになるだろう。
しかし通勤で使うとなると話は別。長靴くらい重宝するレインブーツは他にない。
以前、持っていたやつは何度も使ううちにしみてくるようになって長靴の用をなさなくなっていた。
そこで買ってきた長靴がこれ。

P1010225

ホームセンターでなんと980円。
格好を気にする必要などまったくないからこれで十分。
職場に行ったら普通の靴に履き替える。
これを履いていると本当に雨の日も快適である。靴の中に雨がしみこんでくるあの嫌な感覚を味わう心配がない。
もちろん格好いいレインブーツもいいけれど、価格は10倍で、この長靴ほど完璧に守ってくれる製品は少ないような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 4日 (日)

ホンダEV-カブ出展

今月末に開催される第41回東京モーターショー2009でホンダがカブの電動バイク版を出品するようだ。
なるほど、見た目はカブに酷似している。
携帯端末で車外から充電状況等を確認できるらしい。
しかし、写真を見る限りではどれくらいの容量の電池を積んでいるのか不安になるくらいスリム。リチウムイオン電池を想定しているようだが、それにしてもスペースはかなり狭い。前後輪のハブ部にインホイールモーターを装備しているようで、すなわち2輪駆動で走るということだ。
展示されるのはモックアップのようだが、シート下には専用のヘルメットを収納するスペースもあるという。
なんとも意欲的なモデルだ。航続距離やスピードなどの実用面での水準さえ達成されれば、間違いなく売れるだろう。
ホンダは来年にもEVバイクの市販を開始する予定があるという。今回の東京モーターショーではEVE-neoというもう一つ別の電動バイクが展示されるらしく、現時点ではそちらの方がより実現的だというけれど、いずれにしてもホンダが電動バイクに本腰を入れてくることは間違いない。
今年の東京モーターショーは電動バイクが目玉のひとつになるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 3日 (土)

ヤマハが今年も東京モーターショーチケットプレゼント

今年は年に一度の東京モーターショーイヤーである。

第41回東京モーターショー2009
開催日:2009.10.23(金)~2009.11.04(水) 一般公開日は24日(土)~
会場:幕張メッセ

一昨年も行っていたが、今年もヤマハが東京モーターショーのチケットをプレゼントしてくれる。
http://www.yamaha-motor.co.jp/motorshow2009/

第41回を迎える今年の東京モーターショーは世界的な不況の影響もあって出展がかなり少なくなるらしい。海外からは2メーカーのみ(これは車のことかもしれないけど)というニュースも耳にした。
それでもハイブリッド車や電動自動車など、話題は豊富。ホンダが市販予定のハイブリッド版スポーツカーCR-Zも見てみたいし、バイクのほうでも電動バイクの出展があるかもしれない。
当たればいいなぁ……。
応募締め切りは10月09日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 2日 (金)

リード90名義変更

リード90の購入にともない、まずは書類を送ってもらった。
ほどなく販売証明書が送られてきて、これを持って役所に行く。
石摺りが必要だといわれたが、事情を説明して車輌引き取り後に持ってゆくことで了解してもらった。新しいナンバーをもらって無事登録。
名義変更を完了させたあとは、自賠責保険の車輌入れ替え。
これも保険会社にいって完了。ステッカーの粘着力が弱まっていたので、新しいステッカーに交換してもらった。
これであとはナンバーを持って引き取りにゆくだけである。

驚いたのは、僕が前回90ccバイクの登録をしてから約3年経っているが、その間にたった50台しか新規の登録がなかった。決して大きな市ではないが、それでも年間15台ほどしか登録がないというのは……。あるいはナンバーは続き番号で発行しているわけではないのだろうか? それだとけっこう面倒なことになると思うのだけれど……。
いったい50ccバイクはどれくらい登録されているのだろう? 当然、免許取得が筆記試験だけの原チャリは免許取得者の数が圧倒的に多いだろうから登録の数10倍以上だろうとは思うけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 1日 (木)

リード90購入

リード90を購入した。
これが2台目のリード90。
同じバイクを2台買うのは初めてのことだ。
以前、DT50に乗っていた頃に友人からいらなくなった不動のDTを譲ってもらったことはあるが、あれは結局部品取りに利用することもなく廃棄することになった。
価格はオークションサイトで5万円弱。
走行距離は11000キロの手前くらい。
以前購入したときは同じくらいの走行距離で7万近くした(自賠責が少し残っていたけど)から、それに比べたら安く手に入ったほうだろう。
問題は中身だ。
落札してから気がついたのだけれど、出品者は過去にいくつか酷いものも売りつけているようで、悪い評価も見受けられる。
リードの1万キロを普通に評価すれば、そんなに悪くなっているとは思えないのだけれど、まだ実車は確認していない。
いい状態であることを祈るばかりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »