« いよいよ明後日開通首都高山手トンネル | トップページ | 右直事故8 »

2010年3月27日 (土)

佐々木譲『ラストラン』読

P1020159

昨年、直木賞を受賞した佐々木譲氏の『ラストラン』を読んだ。
バイクが登場する5本の作品を載せた短編集だが、ことさらバイクを中心に据えた小説というわけではなく、バイクを脇役にした作品群という内容。

近年は警察モノが多く、昨年は『笑う警官』が映画にもなった(絶賛するほどではないにしても、悪くなかった)が、かつてはバイク小説もかなり書いていたようだ。
個人的には表題作の「ラストラン」がもっともよかった。

しかしバイク小説にはなぜか死を描いた作品が多い。この文庫でも半分以上の作品で死が絡んでいる。

ラストラン (ポプラ文庫) ラストラン (ポプラ文庫)

by G-Tools

|

« いよいよ明後日開通首都高山手トンネル | トップページ | 右直事故8 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4621/47912806

この記事へのトラックバック一覧です: 佐々木譲『ラストラン』読:

« いよいよ明後日開通首都高山手トンネル | トップページ | 右直事故8 »