« 東京モーターショー2011(2)電動バイク | トップページ | 東京モーターショー2011(4)自動運転車両 »

2011年12月10日 (土)

東京モーターショー2011(3)フューエルセルスクーター

P1010749

今回の東京モーターショーでもっとも気になったバイクがフューエルセルスクーター。

スズキは市販車以外で電動スクーターe-Let'sとバーグマン・フューエルセルを出品していた。
e-Let'sはレッツの電動バイク版で、家庭用AC100V電源を使用して満充電で30キロの走行が可能だという(時速30キロ)。バッテリーパックはメットインの部分に2個配置されていて、1個が予備という形になっている。

一方のバーグマン・フューエルセルは燃料電池とリチウムイオン電池を使うハイブリッドシステム採用スクーター。

P1010745

燃料電池には水素を使っている。つまりスクーターでありながらCO2を一切出さないゼロオミッションを実現。制動時の回生電力にリチウムイオン電池を使用することで効率的なエネルギー運用を実現している。その航続距離は350キロにもなるという(時速30キロ)。実際に公道を走るとなれば、200キロ走るかどうかも定かでないが、水素充電ができるスタンドが現在のガソリンスタンドと同程度作られればまったく問題はない。燃料補充にも電動バイクで充電するような時間はかからないだろう。
すでに欧州統一型式認証を受けているということなので、次世代バイクとしての現実味はかなり高そうだ。

P1010747

|

« 東京モーターショー2011(2)電動バイク | トップページ | 東京モーターショー2011(4)自動運転車両 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4621/53435622

この記事へのトラックバック一覧です: 東京モーターショー2011(3)フューエルセルスクーター:

« 東京モーターショー2011(2)電動バイク | トップページ | 東京モーターショー2011(4)自動運転車両 »