« 宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第四章「天命篇」鑑賞 | トップページ

2018年7月 4日 (水)

宇宙戦艦ヤマト2202はなぜつまらない?

宇宙戦艦ヤマト2202が本当に面白くない。
あれほど面白かった宇宙戦艦ヤマト2199が、なんでこうもつまらなくなったんだろう?

ひとつはスタッフが替わったことにある。それは間違いない。
そして元々の宇宙戦艦ヤマト2がつまらなかったことも原因のひとつ。
2199が原作の齟齬を修正することに基本を置いていたのに対し、2202はそもそもその基本となるヤマト2の完成度が低い。それ故に、オリジナルの設定がストーリーの大半をなして、少なくともヤマト2の原型はほとんど残っていない。
ただ、それでも面白くする方法はあったはずだと思う。
2199は人間関係を重視したストーリーだった。味方同士にせよ、味方と敵にせよ、人同士のぶつかり合いがストーリーの根幹になっていた。
対して、2202はSF的な設定が前に出すぎていて、その説明に多くの時間が割かれている。人間ドラマの部分は2199に比べて遙かに薄い。
どんなドラマも映画も、アクションや設定だけでは成り立たない。それらはあくまでストーリーの一部であり、極論すればツマといってもいい。
人間ドラマがうまく転がってこそ、それらは生きる。

最後まで見るとは思うけれど、もはや修正は不可能。期待もしていないが、先日公開された第5章は想像をさらに下回っていた。
おそらくあと2章。苦痛は続く。

|

« 宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第四章「天命篇」鑑賞 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4621/66901370

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙戦艦ヤマト2202はなぜつまらない?:

« 宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第四章「天命篇」鑑賞 | トップページ