« 2018年7月 | トップページ

2019年3月29日 (金)

『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』続編製作決定 いつか来た道

『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』続編製作が決定したらしい。
あれほど中身の薄い話を作っておいて、この先にどう続けようというのだろうか?
すでにヤマト自体は改修されて、一足先に錨マークの入った晩年の姿に近づいているけれど、この先を作るということは、2199では登場させなかった『永久に』以降の作品をモチーフにするつもりなのだろうか?
いずれにしても、2199でわずかな登場シーンにも関わらずあれほど存在感のあった土方を、香車か桂馬程度の駒に貶めた制作陣。
2199限りで製作を去ったメンバーが戻ってくることはまずないだろうから、オリジナルからのさらなるポンコツ化は避けられそうにない。
またぞろ難解な理論のレールを敷いて、新造戦艦を造りまくり、波動砲の連射だってやりかねない。

いつか来た道――。

| | コメント (0)

2019年3月10日 (日)

宇宙戦艦ヤマト2202がようやく完結 

『宇宙戦艦ヤマト2202愛の戦士たち』はテレビ放送が始まっているけれど、一足早く最後の劇場公開が始まったので、重い足を新宿まで運んできた。

全体の印象としては福井晴敏氏のおもちゃにされた作品。
SF的な仕掛けに走りすぎて、その説明に多くの時間が費やされている。
しかもその仕掛けを完全に理解するのが困難。
2199で描かれていた人間ドラマの多くがその犠牲になった。
2199以来の登場人物の台詞のなんと少ないことか。
一言二言、絵だけで台詞のない人物も大勢。
一方で、今作のオリジナルメンバーはまぁよく喋ってた。
福井氏のエゴの塊みたいな作品になってしまった。
作品構成のコンセプト自体が2199とはまったく別だった結果と思うしかない。
真田の最後の演説だけはまぁ格好として成立していたと思うけど、展開そのものにかなりの無理が……。

公開から2度目の週末だけど、なんと客の少なかったことか。
せめてもの望みはこれで完全に終わりにして欲しいということだけ。
まぁ、たとえ作ってももう観にはいかないと思うけど……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年7月 | トップページ